MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年10月25日

チャン・ヒョクVSキム・ヨンチョル, 世子冊封問題で対立はじまる…権力の地の嵐を予告 [オジョッケTV]

[OSEN=キム・イェソル記者 2019.10.19]

チャン・ヒョクとキム・ヨンチョルが本格的に対立の角を立てた。

この日イ・バンウォンはイ・ソンゲのもとを訪ねた。しかしイ・ソンゲはイ・バンウォンの入室を拒否したためイ・バンウォンは結局外から大声で語りかけるしかなかった。ついにイ・ソンゲが外に出てきた。

イ・バンウォンはイ・ソンゲが神徳王妃(パク・イェジン)の息子を世子に冊封しようとする動きを見せると反旗を翻した。イ・ソンゲは"靴を履いたまま扉を蹴り倒せばいいだけではないか。やってみるのだ"と告げた。しかしイ・バンウォンは跪いて再度主張したがイ・ソンゲは揺るぎなかった。

吠える犬は痩せ細り食べる犬は肥え太る。お前はとても痩せ細っている"と非難した。しかしこれを見た神徳王期先はイ・ソンゲに"殿下が怖れている"とん単刀直入にしてきた。

この日ソ・フィ(ヤン・セジョン)は行首ソ・ソル(チャン・ヨンナム)に会った。ソ・ソルは"愛していることは知っている。フィジェとは別れるのだ"と言った。結局ソ・フィはソ・ソルにハン・フィジェ (キム・ソリョン)の傍を離れるという約束を交わした後情報が記された筒を受け取った。

ナム・ソノ(ウ・ドファン)は大将軍を圧迫してイ・バンウォンの秘密を探り当てた。イ・ソンゲはイ・バンウォンと会った。イ・ソンゲはイ・バンウォンに"長子鎭は酒におぼれて喀血をしている"と述べ"嫡長子が酒におぼれるなど恥ずかしい限りだ"と言った。続けてイ・ソンゲは息子を一人一人挙げながら王として立てるべき者がいないと皮肉った。

さらにイ・ソンゲは"史官は書き写すのだ。靖安君が国本を要請するので余はそのまま聞き入れよう"と言ってイ・バンウォンを圧迫した。結局イ・バンウォンはイ・ソンゲの意のままに宜を世子に冊封せよと語った。

いっぽうこの日イ・バンウォンは自身の秘密を洩らした大将軍を殺解せよと明示これをソ・フィが遂行した。大将軍を殺害したソ・フィの素顔が明らかになりこの様子をハン・フィジェが目撃しソ・フィが生きていた事実を知ることになった。
 

[写真 : JTBC '私の国' 放送キャプチャー]  

↑