MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年10月30日

'私の国' チャン・ヒョク, 冷徹な感情演技で'キャラクター更新'

 

[デイリーアン = キム・ミョンシン記者 2019.10.26]

 

チャン・ヒョクが‘私の国’を死守するために立ち上がった。

JTBC 金土ドラマ'           私の国'(脚本 チェ・スンデ / 演出 キム・ジンウォン)でヤン・セジョンを自分の剣に引き込み権力奪取に本格的に介入し,ドラマを全体的に左右するベテランの演技を見せ好評を博している。

25日に放送されたドラマ <私の国> 7話では底なしに陰険さを増すイ・バンウォンとイ・ソンゲ (キム・ヨンチョル), ナム・ジョン(アン・ネサン)それぞれの欲望が描かれ‘私の国’を作るための息詰まる対立はもちろん, 一寸の譲歩もない権力争いを起こした。

そんな中イ・バンウォンは自ら自分を訪ねてきたフィ(ヤン・セジョン)を執拗な疑いと限りない試験の末に自身を王に立てようとするフィを己の配下に置いた。また棄てられた者たちの国を建てようと決意しナム・ジョンに向ける自信の ‘剣’をフィを通じて布告し権力基盤を打ち立てた。

この時チャン・ヒョクは彼特有の重みのある声で相手に対する挑発と燃え盛る怒りを節制,または向かい合ったものを引き込むために揺るぎない淡々とした口調など感情を自由自在に表現し視聴者の集中度を高めた。

特に本心を伺えない深みのある眼差しで視聴者の背筋を戦慄させたかと思えば, 繊細な内面の演技と徐々に高まる冷徹な感情を最大限に表現しドラマを全体的に左右するベテランの演技でイ・バンウォンのキャラクターの完成度を高めた。

このようにヤン・セジョンを己の剣に仕立て ‘私の国’を打ち立てるために権力闘争を本格化させたチャン・ヒョクが出演しているJTBC '私の国'は夜10時50分に放送される。

↑