MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年10月30日

25周年OCN チャ・テヒョンからチャン・ヒョク, 2020 名品ジャンル物11作品が来る(総合)[Oh! SEN現場]

[OSEN=パク・バンソク記者 2019.10.25] 

 

25周年を迎えたOCN2020年に11作品のドラマを準備している。チャ・テヒョンとイ・ソンビンが出演する'番外捜査', チャン・ヒョクとチェ・スヨンとチン・ソヨンが共演する'見たとおりに言え'を含む11作品すべてが興味津々な素材と名優たちそして検証済みの演出人が合流する。

25日の午後ソウル市城東区にあるSFACTORYOCN 'スリラーハウス' 記者懇談会が開かれた。この日の記者懇談会にはチェ・ギョンジュ CJ ENM メディアマーケティングチーム長とファン・ヘジョンCNENM メディアコンテンツ運営局局長が出席した。

チェ・ギョンジュチーム長はOCN2020年に準備しているドラマのラインアップ11作品を公開した。 '見たとおりに言え'はチャン・ヒョク, チェ・スヨン, チン・ソヨンがキャスティングとして完了し, 'ボイス1', 'ソン・ザ・ゲスト'のチェ・ホンソン監督が演出を担当する。'RUGAL' はチェ・ジニョクとパク・ソンウンが共演し人間兵器たちの特殊警察組織を扱う予定である。

チャ・テヒョンとイ・ソンビンと'僕のなかのあいつ' カン・ヒョジン監督がタッグを組む'番外捜査'もキャスティングを終えた。ラ・ミランとイ・ソンギョンのコンビが出演する映画' Miss & Mrs. Cops' もドラマになって戻ってくる。

これに先立ち優れた作品を残した有名監督がすでに準備している作品も紹介された。'ボイス2' のイ・スンヨン監督が準備している捜査もの'第5列', '容疑者X', '家に帰る道', 'メソッド' 等を演出したパン・ウンジン監督のウェブトゥーン原作の'所有', '他人は地獄だ'を執筆したチョン・イド作家の'ダークホール' 等が準備されている。

話だけでも興味津々な素材を扱う作品も準備中と言う。日ごと消えていく失踪者を扱う'ミッシング', 並行世界の殺人事件を扱う'トレイン', 済州島の説話をもとにした韓国型ファンタジー退魔物'アイルランド', 非武装地帯を素材にした'サーチ'まで多様な素材の作品をドラマ化する準備を終えた。

ファン・ヘジョン局長はOCNドラマを通してマーブルのような世界観を構築したいとの希望を伝えた。ファン局長は"OCNもまたたゆまず社会的共感を呼び起こす愛情のこもった韓国型ヒーローを紹介してきたと思う""OCNで放送したドラマの世界観もまた引き継いでいけるだろうと期待している。OCN 世界観のドリームチームを構築するため今年から準備している"と野心に満ちた計画を伝えた。

ファン局長は刺激的な素材よりは多様な素材を発掘するため努力すると言った。ファン局長は"刺激的な素材のせいで多くの指摘を受けもした""多様な素材を発掘するため努力中だ。結局はいい物語が愛される。いい物語で多様な大衆に愛されるため努力している"と説明した。

OCNは韓国ドラマ界でシーズン制を定着するために努力している。ファン局長は"韓国でシーズン制のドラマを作るのは容易でない""アメリカでは最初の制作段階からシーズン制が計画されているが韓国ではドラマの途中にシーズン制が決まる。作家や俳優の日程を調整することが容易ではない"と限界についても説明した。

OCNの'ボイス'は放映権だけでなくリメイク版権を通じて国際的な成果をあげたりもした。ファン局長は"放映権だけでなくリメイク版権を通じて成果をあげたことは意味があると考えている"と伝えた。

OCNは19年度に惜しい作品もあったが2020年はより実りのある作品のために最善を尽くすと語った。ファン局長は"水木ドラマのセクションを新設して増えた作品と52時間導入による制作費の上昇のせいで台本と時間的な部分で残念な作品もあった。'トラップ', '他人は地獄だ' のような作品がウェルメイドであり話題性指数1位に挙がり成果をあげた。来年もより良い作品を届けたい"と自信に溢れて語った。

 

↑