MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年11月07日

'私の国' ヤン・セジョン×チャン・ヒョク, アン・ネサンを追い出したが結局チョ・イヒョンの死でエンディング [総合]

[OSEN=チョン・ウネ記者 2019.11.2]

 

'私の国' チャン・ヒョクがアン・ネサンの共謀をキム・ヨンチョル知らせたが結局チョ・イヒョンの死でエンディングを迎えた。

矢を受けて横たわっているバンウォン(チャン・ヒョク)"お前がこの世からいなくなれば誰が私の相手をしてくれるだろうか。苦しいか。私はお前が生まれる前から持てる者の満足を得るためもがいてきた。私は世子を牛耳って必ず笠を被った王になるだろう" と告げた後ナム・ジョンはその場を辞した。

ナム・ジョンはソ・フィ(ヤン・セジョン)に会い短剣を渡して自決を強要した。"私の父もこんなふうに殺したのですか"との問いにナム・ジョンは"時間を稼いでも何も変わらない"と言った。ソ・フィは"ヨニを守るという約束を守れ"と言いナム・ジョンは "すべてはお前の手にかかっている"と言った。

いっぽうバンゥオンとソ・フィには事前に共謀があった。フィはパンウォンを訊ねすべてを打ち明けた後に妹と自分を含めすべてが生き残る術を問い結局すべてが生き残ることができた。バンウォンは"なぜに胸郭を貫くほどに突き刺したのだ"と聞いた。ソ・フィはバンウォンに"大君も毒を召されたではないですか"と言って苦痛に耐えた。 

殿下は何故剣の主を分け隔てるのですか"と言ってバンウォンが現れた。"殿下がそうなさるから王を亡き者にしようとした者それでも飽き足らず今日は私を殺そうとした者まさしくナム・ジョンです" と言ってナム・ジョンを睨みつけた。

証左はあるのか"と質す孫げにバンウォンは"二つの証左がございます"と言い"密書の真本がその一つでありもう一つはナム・ジョンの命を受けた者ですと言った。続いて登場したソ・フィは"以前ナム・ジョンの配下として殿下にお目にかかりました。ナム・ジョンは私の妹を質に取り私を間者に仕立てたのです。私が他でもない二つ目の証左であり現在の証左でございます"と言った。

拷問を受けるナム・ジョンにソンゲは黒幕を聞いた。ナム・ジョンは" 刑丈と侍衛士官はよく聞け。背後は中殿である" と言ってソンゲを見た。ソンゲは驚いた眼で喚いたがナム・ジョンは不気味に笑った。

神徳王后姜氏(ハムク・イェジン)はこれを認め"世子を守るため母にできないことなどございません"と言った。ソンゲは"バンゥオンもわが子息"と言ったが"なのにどうして怖れているのですか。なぜ"わからないのですか。バンウォンがナム・ジョンを剣で突き刺した次に狙うのが私たちだということを・ナム・ジョンを生かしてください"と言ったが答えは返ってこなかった。

イ・ソンゲはナム・ジョンを釈放し, ナム・ジョンの私兵たちの手にかかってフィの目の前で無念にも殺されてしまった。

[写真] JTBC '私の国' 放送画面キャプチャー 

 

↑