MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年11月13日

'私の国' ヤン・セジョン→チャン・ヒョク, '王子の乱' 撮影現場の舞台裏も緊張感'マックス'[Oh! SEN CUT]

[OSEN=ヨン・フィソン記者 2019.11.12]

'私の国'が誕生させたもう一つの名場面, '王子の乱'は裏側も舞台裏も熱かった。

先週の放送では'私の国'の砲門を開いた'王子の乱'がついにベールを脱いだ。ナム・ジョン(アン・ネサン)に対する復讐を心に決め互いに異なる道を選択したソ・フィ (ヤン・セジョン)トナム・ソノ(ウ・ドファン), 権力を挟んで引き返せない川を渡ったイ・バンウォン チャン・ヒョク)とイ・ソンゲ(キム・ヨンチョル), ナム・ジョンの対立は王子の乱で爆発し熱い吸引力を発揮した。ダイナミックにドラマを引っ張りつつ決定的瞬間には感情ラインを生かす俳優陣の熱演とキム・ジンウォン監督ならではの細かい演出が合わさって永く刻まれる名場面を誕生させた。

制作陣と俳優たちが一丸となって作り上げた名場面だけに公開されたビハインドも強烈。'王子の乱'が持つ意味を熟知しているからこそ情熱を注いだ俳優たちの真剣さが伝わってくる。撮影直前まで呼吸を合わせ対話に余念のないヤン・セジョンとウ・ドファンはカメラの外でもソ・フィナム・ソノに劣らない同い年の絆を感じさせる。穏やかな笑顔を見せていたかと思えば撮影に突入すると真剣な眼差しになり事細かにモニターをチェックし抜け目のない完成度に迫っていく。そのようにして誕生した'王子の乱未公開カットも目を引く。切ない感情を炸裂させ熱演を見せるヤン・セジョンとウ・ドファンの姿は視聴者を虜にする。

さらに撮影現場の仲睦まじい雰囲気を感じさせてくれるビハインドカットも同時に公開された。壮絶な最期を遂げたナム・ジョン役のアン・ネサンは近寄りがたい存在感で緊張感を醸し出したがカメラの前ではVサインを作り意外な魅力を発散している。彼を真似たウ・ドファンのV認証ショットは愛憎渦巻く父子関係だった二人の絡みを物語っているようで微笑ましくもある。

'私の国制作陣は"'1次王子の乱'がドラマで持つ意味が大きかったし視聴者の期待もまた熱いシーンだったので制作陣も俳優たちもより苦心して撮影に臨んだ""あと4話だけを残すのみとなった。2次王子の乱をはじめ予想できないどんでん返しが起こる"と期待感を醸し出した。

'私の国' 13話は15日の夜10 15分に放送される。

↑