MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2019年11月25日

'私の国' チャン・ヒョク, 最初から最後まですべてチャン・ヒョクだからこそ可能だった

 

[イ・ジュニョン韓経ドットコム 芸能イッシュチーム記者 2019.11.24]

 

先週23日(土) に放送が終わったJTBC 金土ドラマ <私の国>で最終回まで視線を虜にする熱演と大きな公表に中で名誉ある幕を下ろすことになった。

最初から最後まですべてがイ・バンウォンだった。チャン・ヒョクはドラマの中で自身はもちろん全作品の陰を全て消し去ってただひたすら처‘イ・バンウォン’という人物だけを描き切った。

彼はその中で欲望にまみれた ‘血の君主’の外的な姿よりは, 捨てられ虐げられた者たちのための国を建てるための人間的な面を持つイ・バンウォンだけを視聴者の脳裏に刻み込み私たちが知らなかったまた一人のイ・バンウォンに出会わせてくれた。

高い演技力を持つ俳優と大きな業績を持つ歴史的人物との出会いが生んだ偉大な結果物だった。朝鮮建国の歴史が大型のスポイラーだったが, すでにチャン・ヒョクでないイ・バンウォンは想像すらできないくらいに繊細で強靭なイ・バンウォンを新たに構築し大衆はその誕生に大きな歓呼を送った。

最後の撮影を終えたチャン・ヒョクは “映画 <純粋の時代> 以降 ‘イ・バンウォンと言う人物に対する渇きみたいなものが大きかったが, <私の国>という作品によってやっとその渇きを解消することができた。それだけでも本当に満足に値する”と語り満たされた思いを打ち明けた。

いっぽうチャン・ヒョクは全身に返り血を浴びて朝鮮開国のために死力を尽くしたが, 開国功臣録から名前を外され世子の座も与えられないままイ・ソンゲ(キム・ヨンチョル)にないがしろにされた ‘イ・バンウォン’ 屋にク扮して名不虚伝の時代劇名人としての風格を届けてくれたチャン・ヒョクが出演したJTBC <私の国>は先週 23日(土) 16部をもって放送が終了した。

↑