MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年01月08日

'見た通りに話せ' チャン・ヒョク→チン・ソヨン, 新鮮な組み合わせ+圧倒的なミジャンセン'期待↑'

 

 [スポーツ朝鮮 チョ・ユンソン記者 2020.1.7]

 

来る2月 1日に放送が始まるOCN 新土日オリジナル '見た通りに話せ'が Bカットにもかかわらず他を寄せ付けないオーラを漂わせているポスター2種と一緒に撮影現場を公開した。
 

2020年、新たなウェルメイドジャンル物の誕生を期待させるOCN 新土日オリジナル '見た通りに話せ'(クリエイター/キム・ホンソン、脚本/コ・ヨンジェ、ハン・ギヒョン、演出/キム・サンフン、制作/スタジオドラゴン、エイチハウス)はすべてを失った天才プロファイラーと一度見たものをそのまま記憶駆る能力を持つ刑事が死んだと思われていた連続殺人犯を追跡する五感摩ペンナス・スリラー。今日 (7日) 公開されたBカットポスター2種はAカットと言っても過言でないほどの圧倒的ビジュアルが際立っている。

事件現場の中心に立つ天才プロファイラーオ・ヒョンジェ (チャン・ヒョク), すべてを記憶駆る刑事チャ・スヨン(チェ・スヨン), すべての現場を仕切るチーム長ファン・ハヨン(チン・ソヨン), 事件を大きく展開したい広域捜査隊の野心家チェ・ヒョンピル (チャン・ヒョンソン), 広域捜査隊のボス的存在のベテラン刑事ヤン・マンス(リュ・スンス). 鋭い眼差しと表情で見る者を圧倒する5人にはどのような真実が隠されているのか。互いに異なった視線で、死んだと思われていた連続殺人犯を追跡する過程をどのように描くのか、好奇心を刺激している。

一緒に公開されたスチールカットを見るだけでも感じられるオーラは、映画のような俳優の組合せで、放送前から2020年の視聴者が最も待ち望んでいた作品として期待が膨らんでいる。すでに'見た通りに話せ'の役柄に溶け込んでいるチャン・ヒョク、チェ・スヨン、チン・ソヨン、チャン・ヒョンソン、リュ・スンスはそれぞれが強烈な存在感はもちろん、見事なチームワークを見せているとの制作陣の伝言。これを立証するかのように、同時に公開されたメイキング映像にはドラマの緊張感を反映するかのように、真剣に臨んでいたかと思えば、同時に笑いが弾け互いを励まし合い、撮影する様子が込められている。

撮影に突入すると、いい結果を出すために状況と役柄に完璧に入り込んでいたかと思えば、休憩タイムにはつねに笑顔を忘れない俳優たち。制作陣は"熱い情熱を注いでいる俳優たちのエネルギーが現場の雰囲気を盛り上げる原動力として作用している。互いを応援するなど先輩、後輩の俳優たちが見せている強い絆はドラマでの彼らの活躍にそのまま表れる見込みと説明した。続いて "視聴者のみなさんの期待に報いる密度の濃いウェルメイドドラマをお届けするつもりなので、放送開始までたくさんの関心を寄せていただきたい"と語った。

‘見た通りに話せ‘はドラマ ‘ボイス1’, ‘客 the guest’, ‘ライアーゲーム, ‘笛を吹く男’ などを演出したキム・ホンソン監督がクリエイターを務めることで関心を集めている。キム・ホンソン監督は企画及び政策の全般に参加し、作品の完成度を高める予定。また‘ボイス1’を共同演出したキム・サンフン監督が演出を担当し、映画‘チャ刑事’ のコ・ヨンジェ作家、新鋭のハン・ギヒョン作家が執筆を担当する。来る2月1日土曜日の夜10時 30分放送スタート。

↑