MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年02月05日

‘見た通りに話せ’, 順調なスタート…チャン・ヒョク‘ボイス’ を越えるか?

[YTN Star キム・ソンヒョン記者 2020.2.3]

 

OCN 新土日オリジナル ‘見た通りに話せ’が独特なストーリーと緊張感あふれる展開で晨朝なスタートを見せた。

先週1日に放送がスタートした ‘見た通りに話せ’はすべてを記憶する能力を持つ刑事チャ・スヨン (チェ・スヨン)と世捨て人になった天才プロファイラーオ・ヒョンジェ(チャン・ヒョク)の出会いから始まった。田舎のある村の巡査スヨンは死体を発見し、その中に5年前、11人を殺害した連続殺人犯のサインだったハッカキャンディーが入っていた。

 

広域捜査隊チーム長のファン・ハヨン(チン・ソヨン)は現場の状況をすべて記憶しているスヨンをオ・ヒョンジェのもとに連れて行った。同じ時刻、事件の有力な容疑者は自分が連続殺人犯だと主張して自首した。スヨンは広域捜査隊に臨時に派遣され、事件の重要な手掛かりを提供しながら役割を果たした。続いて容疑者が殺人を犯す場所で生存者の救出にも成功した。

しかし現場検証だけすれば事件が集結する状況で容疑者は取調室で殺害され、彼の口の中からハッカキャンディーが発見され、視聴者に衝撃を与えた。‘見た通りに話せ’は韓国ドラマでは容易に出会えない独特な設定とスピーディーな展開で1話2.0%, 2話は 3.3%の視聴率(ニールセン・コリア全国基準)を記録した。
 

‘見た通りに話せ’は2017年に ‘ボイス’でジャンル物に挑戦したチャン・ヒョクがキム・ホンソン監督とタッグを組む二度目の作品。 ‘ボイス’は目を負傷したが、いかに小さな音も聞き逃さない絶対聴感能力を持った刑事の物語を描き、シーズン3まで大きな人気を博した。チャン・ヒョクが出演した ‘ボイスシーズン1’は3話から視聴率が高騰し、平均4~5% の視聴率を記録した。ド得なジャンル物の魅力を見せている‘見た通りに話せ’が ‘ボイス’を越えられるのか、期待されている。

[写真提供 = OCN '見た通りに話せ']

↑