MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年02月10日

‘見た通りに話せ’ チェ・スヨン×チャン・ヒョク×チン・ソヨン, ‘奴’に一杯食わされる…奴は誰?

[韓国日報 チン・ジュヒ記者 2010.2.10]

 

見た通りに話せ最高の関心事、連続殺人鬼が完璧な復活を知らせた。殺人事件が生中継されるという衝撃の展開が繰り広げられた。

今月9日に放送された OCN 土日オリジナル見た通りに話せ’ 4話はケーブル、IPTV, 衛星を統合した有料プラットホーム視聴率で世帯平均3.3%、最高3.7%を示し、自己最高視聴率を記録した。

容疑者チョン・チャング(キム・ソハ)の襲撃で意識を失ったチャ・スヨン(チェ・スヨン)。オ・ヒョンジェ(チャン・ヒョク)から状況を知らされたファンチーム長(チン・ソヨン)が広域捜査隊チーム員たちと冷凍倉庫を捜索した結果、製氷室でスヨンを発見したが、チョン・チャングはどこにもいなかった。

そして彼は翌日の朝、製氷室から出てくる氷の塊の中からバラバラ死体となって発見された。事実、昨夜その場所には黒い帽子をかぶった謎の男がいた。チョン・チャングは瞬時に彼が動物病院から逃げろとメッセージを送ってきた男だということに気づき、激しい乱闘を繰り広げた。

この事実を知るよしもない刑事たちは冷凍倉庫の中の水槽にはまって氷漬けになってしまったと断定した。そしてヒョンジェは間違いなく氷の倉庫の中に誰かがいたと確信し、他殺を疑った。

これにチェ課長(チャン・ヒョンソン)は事件をこのまま処理しろと迫ったが、ファンチーム長は連続殺人の可能性について言及し、チョ庁長(チョ・ヨンジン)に捜査と共にスヨンの広域捜査隊への発令を要請した。あれほど願っていた広域捜査隊に正式に勤務ことになったスヨン。しかしヒョンジェ、ファンチーム長との本格的なタッグが実を結ぶ前に生放送殺人事件という最悪な惨事が起きてしまった。

ヒョンジェはカン・スンファン(キム・ホンレ)とチョン・チャングを殺害し、自らの健在をアピールしたが再び殺人を起こすし、次のターゲットはナ・ジュンソク(ソン・ヨンギュ)”だと推測した。ヒョンジェが去った後に、万年二番手からトップのプロファイラーとしの名声を誇っていたナ・ジュンソク教授は自身の著書と放送を通じて何度もの死を強力に主張してきた。

カン・スンファンは奴ののシグナルであるハッカキャンディーと業績まで横取りしようとし、共犯のチョン・チャングは彼の顔を見ていた。しかしの存在を見下すナ教授はにとって侮辱だったはず。

誰もが自身の復活を目の当たりにできるよう今回は公開的に処刑するだろうと言うヒョンジェのプロファイリングにスヨン30分後にはじまるナ教授の生放送番組を思い起こした。

そり前日、広域捜査隊にナ教授のサイン入りの新刊が送られてきたが、日付を記した筆跡がサインとは別物であり、さらにその日付が今日だったため。予告殺人に間違いなかった。

前回の放送でもし奴が生きていたらどうするのだと質問したIDペパーミントキャンディーが最も疑わしかった。その質問にナ教授はそんなことがあるだろうか? 私の命をかけてもいいと臆せずに答えていた。

すぐに照り日極に出動し、傍聴客の間で容疑者の追跡をはじめた広捜1チーム。生放送がはじまると、ICペパーミントキャンディー “‘が生きていれば本当に死ぬんですよね?”, “‘の次の被害者は誰ですか?”とのメッセージを立て続けに送ってきた。

これにナキョウジュは奴は死んだのだから、次の被害者はいないでしょうと答えた。スヨンがヒョンジェの無線を危機ながら容疑者を捜す最中にも次のターゲットはお前だという身の毛のよだつメッセージが送られ、ナ教授は自身があるならやおってみろとあざ笑った。

しかし急にナ教授の首に罠が掛けられ、苦痛に悶える彼の姿がリアルタイムで生中継された。結局、衆人環視の中で死亡したナ教授、そしてハッカキャンディーが発見された。の公の復活だった。

セット場の後ろで意味深長な笑みで、罠が仕掛けられたリフトの操縦桿のレバーを操作していた謎の男は悠々と現場から立ち去って行った。ついに現れたは誰であり、なぜこのような殺人を続けるのだろうか。

衝撃的な事件の連続と本物のの復活で、本格的な展開を宣言した見た通りに話せは毎週土、日の午後1050OCN放送。

↑