MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年09月29日

'剣客' チャン・ヒョク今日(29日) '二時脱出Cultwoshow ' 生放送出演

SBS パワーFM '二時脱出 Cultwoshow' キャプチャー

 

[ヘラルドPOP=チョン・ユンヘ記者 2020.9.29]

 

俳優チャン・ヒョクが '剣客' でのアクションに自信を覗かせた。

29日放送された SBSパワーFM '二時脱出Cultwoshow'にはスペシャルDJとしてユ・ミンサンが出演するなか、俳優チャン・ヒョクがゲストとして出演した。

チャン・ヒョクは映画 '剣客'に出演した。 '剣客'は光海君廃位以降、世捨て人になった朝鮮最高の剣客‘テユル’が連れ去られた娘を救い出すために再び剣を取ることによってはじまるリアル追撃アクション。

チャン・ヒョクは '剣客'が'96時間(Taken)'に匹敵するとの言葉に着いて、 "ジャンル的にアクションシーンが多いので比較してくれる方がいる"と紹介した。またアクション演技については"コンセプトに沿って練習もし、時代劇の撮影にも慣れた"と述べ、 "'推奴~チュノ'がアクション時代劇としては初めての作品だった"と明かした。

チュャン・ヒョクは '剣客'でのアクションに付いて自信を述べた。彼は"60~70%がアクションだ。光海君時代の時代的な状況のみ描き、娘を捜す鬱憤と戦略を持って敵を打ちのめし、サイダーを炸裂させる娯楽映画"と言い、 "楽しく観ていただけると思う"と語った。さらに "(撮影中に) ケガをしたとこがあるが、どうしてもアクションをするとケガか多くなる。撮影が終わると傷だらけ。大部分はスタントを立てずに直接するようにしている"と、アクションに向けた情熱をアピールした。

チャン・ヒョクは親友の竜年クラブのメンバーたちが映画を観て後記を残してくれたのかとの質問を受けた。するとチャン・ヒョクは"チャ・テヒョンさんから来たが、その時チャ・テヒョンさんがいいことを言ってくれた。クールで淡白に'良い'と言ってくれた。以前は'よかったよ'と言ったり、そうでない時は電話は来ない"と付け加えた。

チャン・ヒョクは実際にもケンカが強そうだとの言葉に、"それは違う"と言い、 "最も賢明なことは法的にするべきだ。写真で撮っておいて、自分に有利なのか振りなのか、把握しなければいけない"と言って周りを笑わせた。そして'剣客'でも戦略を練る。手がかりを追って範囲を狭めていく"と付け加え、'剣客' の広報に乗り出した。

彼はまたTJ 時代を回想しながら、 "音源の計画はなく、聴くだけで満足する"と言い、"あの当時は俳優たちがイメージを変えるためミュージックビデオに出演した。自分の極に、ミュージックビデオにまで出たらさらにいいようなのでやったまで。舞台に立たなければ放送で扱ってくれないから、舞台に立って放送することになったのだが、それはインパクトがあった"と率直に述べた。

チャン・ヒョクはイエローアイを釣り上げた時の出ると、"'都市漁師'でアラスカに行ったことがある。釣りは初めてだったが、漁業だと思った。最後に釣りをしたのだが、波がとてもひどくて釣り糸が横に流された。最後の5分だと言われたが、何かがかかったみたいだった。釣り上げても見るとイエローアイだった。アラスカで今年度に釣った中で最大だと言われた。記録を立てて帰ってきた"と言って驚かせた。

チャン・ヒョクは最後まで '剣客'を広報し、 "サイダーのような感じを受ける映画。この状況で健康管理に気を付けて、映画館に行かれてそんな思いを抱いてくれたら幸いだ"と語った。

↑