MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年10月28日

[TVブックマーク] ‘ヨット遠征隊’ チャン・ヒョク×ホ・ギョンファン×チェ・ヨジン×ソ・ユ、初顔合わせはどうだった? ‘抜群の組合せ’ (総合)

[東亜ドットコム ホン・セヨン記者 2020.10.27]

 

チャン・ヒョク、ホ・ギョンファン、チェ・ヨジン、ソ・ユの初顔合わせから初めてのヨット試乗式までが放送された。

26日、MBCエブリワン ‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’(以下 ‘ヨット遠征隊’)の放送がスタートした。‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’ 恐れを知らないヨット初心者たちがヨットに挑戦し、一からヨットに付いて学び、その楽しさを体感する旅程を映すチュートリアルバラエティーである。


チャン・ヒョク、ホ・ギョンファン、チェ・ヨジン、ソ・ユが無寄港、無援助で世界一周に成功したキム・スンジン船長と共に西海岸縦断に挑戦する旅程を追う。

初回放送では ‘ヨット4男妹’の想像すらできなかった初顔合わせと、キム・スンジン船長の陣頭指揮のもと、漢江川で厳しい訓練を受けるメンバーの様子が映された。 ‘ヨット遠征隊’として終結した四人は予想すらしなかったメンバーの構成に驚きを隠せなかった。“想像もしなかった組合せだ”、 “この組み合わせ、とても不思議だけど?”と言い、意外なケミを予告した。라고 말하며, 의외의 케미를 예고했다.

四人はヨットの ‘ヨ’の字も知らない初心者たちだ。釜山の男チャン・ヒョクは意外に“水が一番苦手”と心配する風情で、これにホ・ギョンファンは“僕は統営業のオットセイです”と自信を覗かせた。ソ・ユは水が大好きでだと言い、チェ・ヨジンは水上レジャーは大好きだが、ヨットは初めての経験だと言い、チャン・ヒョクは自分を除き水に強いメンバーの構成に“僕さえがんばればいいんだ”と言って笑いを誘った。

続いてキム・スンジン船長に会いに行った四人は自分たちが乗るヨットを見て“あれが私たちのヨットじゃないよね?”と言って現実を否定しつつ失望を隠せなかった。映画の中のラグジュアリーなヨットを期待したが、小さくてこじんまりしたヨットが登場したのである。しかし四人はヨットに乗ってから考えを変えた。ただ風力だけで動くヨットの魅力にどっぷりはまった。

ボート操縦免許を有するチェ・ヨジンは一番でハンドルを握って探求心をアピールした。チャン・ヒョクはヨットの運転にハマった様子で目を引いた。チャン・ヒョクは“ウワー、面白い“を連発し、笑顔を絶やさなかった。カリスマはどこ吹く風、少年のような笑顔で楽しむチャン・ヒョクの姿にメンバーたちもずっと爆笑しっばなし。ホ・ギョンフアンのパワフルなハンドリングにしばし悲鳴が上がるとこもあったが、四人はヨットの魅力にどっぷりはまり、ヨット理論の勉強にも没頭した。

キム・スンジン船長のスパルタ(?) 教育が続いた。実戦に入った四人はロープ結い、移岸と接岸などのコースを経て、ヨットの世界に入門した。テストの結果、チェ・ヨジンがヨット優等生を獲得し、チャン・ヒョクロープ結いに戸惑う様子を見せ、‘ロープ下手’の烙印を押され、最下位に沈んだ。翌日四人は直接運転に挑み、セイリングヨットの醍醐味を味わい、徐々にヨットの世界にはまりこんでいった。

そんななか、キム・スンジン船長はショッキングな宣言で四人を混乱の奈落に突き落とした。次はメンバーだけで海に出てみろと。青天の霹靂のような宣言に四人は現実否定に躍起になった。 “この放送は本当にサバイバルだな?”というホ・ギョンファンの言葉に続き、漢江に出撃し、本格的に苦難と逆境のヨット挑戦記に挑む四人の姿が予告され、好奇心と期待感を膨らませた。

‘ヨット遠征隊’はヨット初心者のメンバーたちがヨットを操縦しながら操縦免許試験からはじまりヨットを知っていく過程を事細かに追い、リアルなヨットの魅力を伝えることを予告した。チャン・ヒョク、ホ・ギョンファン、チェ・ヨジン、ソ・ユという新鮮なメンバー構成は初回放送から魅力満載で、今後の旅程に向けた期待感を高めた。また興味をそそるヨットの基礎理論とヨットの魅力を探っていく初心者のメンバーたちの姿が視聴者も共に楽しめる‘ヨットバラエティー’の新境地を予告し、関心を集めた。

↑