MEDIA

  • Jang Hyuk Japan Official Fanclub 入会はこちらから
  • Jang Hyuk OFFICIAL GOODS
  • Jang Hyuk OFFICIAL BLOG

ALL

2020年11月17日

[昨夜TV]‘ヨット遠征隊’ チャン・ヒョク→ソ・ユ、即興で海に、完璧なヒーリング

[スポーツ京郷 & 경京郷ドットコム パク・ヒョンスクオンライン記者 2020.11.17]

‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’ MBCエブリワン提供

 

‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’ チャン・ヒョク-ホ・ギョンファン-チェ・ヨジン-ソ・ユが海で完璧なヒーリングを楽しんだ。

11月 16日(月) に放送されたMBCエブリワン ‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’(以下 ‘ヨット遠征隊’) 4회回ではよっで海を楽しむ ‘ヨッティ 4兄妹’の姿が紹介された。

チャン・ヒョク-ホ・ギョンファン-チェ・ヨジン-ソ・ユは即興で海に飛び込んだかと思えば、ヨットにロープを巻き付けてペダルボード協議に興じ、また海上ブランチカフェを楽しむなどヨットの旅の‘濃厚’ な魅力を満喫した。

この日無人島の沙昇鳳島で朝を迎えたヨッティたちは24時間シャワーも出来なかったため、入水の誘惑に駆られた。水が大好きなソ・ユとホ・ギョンファンはためらうことなく海に飛び込み、チェ・ヨジンも長い脚をアピールしつつダイビングを行った。モーニング水遊びを楽しむ後輩たちと異なり、日頃から水を苦手とするチャ・ヒョクは船内に戻る様子だった。

そして悩んだあげくに海に入ることを選択したチャン・ヒョクはサプライズダイビングで海に体を投げた。チャン・ヒョクは当時を思い返しながら、“僕は、本当は入りたくなかった。でも遊びのつもりで飛び込んだらとても楽しかった。その時は子どもに戻ったような気持ちになった”とヒーリングの記憶を吐露した。

何の準備もなしに即興でチャレンジした海へのトライだった。そのため全員は穏やかな供促のひと時を過ごすことになった。ソ・ユは“眠りから覚めてすぐに海に飛び込んだので、とても爽快だった。海外にいるような気持になった”と言い、ホ・ギョンファンは “映画のなかのワンシーンのようにじっとしていて、暑かったら飛び込み、僕たちはこれがしたくて来たんじゃないか?”と言って笑顔を見せた。

一幅の絵画のような海を満喫するペダルボードもヨッティたちを喜ばせた。空気を注入するだけの超簡単ペダルボードを完成させたヨッティたちはその後夕食を賭けに興じた。 ‘済州サーファー’ ソ・ユと ‘水上レジャークイーン’ チェ・ヨジンの互角の対決が予想されるなか、チャン・ヒョクはダルマのように倒れない‘執念の男’ の姿を見せ、笑いを誘った。遊具に乗るようにペダルボードを楽しむヨッティたちの姿に視聴者も共にヒーリングを受ける時間になった。

朝から海水で戯れ、ペダルボード競技まで体験したヨッティたちは空腹を感じ出した。後輩たちのおねだりにホ・ギョンファンはイ・ヨンボクシェフから伝授された宮廷トッポギを作った。長兄チャン・ヒョクも手伝った。パンケーキ作りに挑戦したのである。チャン・ヒョク火の前で汗を流しながらパンケーキ作りに励んだが、思ったようなパンケーキの形が作れずに挫折した。

チェ・ヨジンに助けてもらったにもかかわらずチャン・ヒョクは黒焦げになったパンケーキしか作れず、‘料理下手’の烙印を押された。 “저僕はパンケーキを作ったのではなく、チョコパイを作ってしまった”とのチャン・ヒョクのとぼけた弁解にチェ・ヨジンは捧腹絶倒するばかりだった。チャン・ヒョクは結局ハサミでばんけーの形を丸く切り取り、奇怪なビジュアル (?)をしたチャン・ヒョク印の ‘ヒョクケーキ’を差し出して笑いを弾けさせた。

このようにヨッティたちがヨットを楽しんでいる間に新津島港に到着した。この日、スキーパー役を任されたソ・ユは‘接岸の女神’として活躍、完璧な接岸に成功し、キム・スンジン船長から으称賛された。1泊 2日の航海を終えたソ・ユは“番組に出ているというよりは、自分が楽しんでいるみたいだった”との感想を残し、注目を集めた。複雑な日常を忘れてヨットで十分なヒーリングを満喫したヨッティたちの一日が異色の見どころを届け、視聴者をヨットの世界で魅了した。

いっぽう次週の放送では新しい目的地の於靑島に向うヨッティたちの旅程が紹介される。スキーパーになったチャン・ヒョクの活躍が予告され、期待を高めている。MBCエブリワン ‘ヨット遠征隊: ザ・ビギニング’は毎週月曜日の夜8時 10分から放送されている。

↑